roofconstraction屋根工事・瓦工事

屋根の雨漏や老朽化が気になる方は、見直してみませんか?

リフォっちゃではメンテナンスフリーかつ軽量で躯体に負担がかからないガルバリウム鋼板の屋根をおすすめしています。現在の屋根が瓦であれば張替工事、コロニアル(カラーベスト)であれば、コストを抑えることができるカバー工法を行います。瓦の良さである和風の雰囲気を大事にされたい方には厳選した石州瓦・三州瓦・淡路瓦などの防災瓦をご提案しています。

屋根張替・瓦葺替工事のポイント

  • 雨漏りなど部分補修を行うより張替が絶対におすすめです。

    特に現在の屋根がコロニアル(カラーベスト)の場合、雨漏の問題になっている箇所の特定や補修に手間とコストがかかります。そういった場合はガルバリウム鋼板の屋根材を使用したカバー工法が特に最適です。張替えにより、塗替えなどのメンテナンスは一切不要になりますし、もちろん雨漏も改善しますのでおすすめです。

  • 瓦の葺替は防災瓦がおすすめです。

    1995年の阪神大震災がきっかけで産まれた防災瓦は、地震や防風による瓦の落下を防ぐ特殊構造になっています。今ではこの防災瓦の使用が一般的ですが、1995年以前に建てられた家は通常の瓦が使用されていますので、葺替工事の際は防災瓦の利用をおすすめしています。

  • 現在太陽光パネルが載っている屋根も対応可能です。

    工事の際にパネルを取り外す必要がありますが、問題なく施工可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

  • アフターフォローもお任せください!

    リフォっちゃでは製品保証や工事保証だけでなく、お引き渡し後の水回りの小さなトラブルでも駆けつけます。些細な事でもお気軽にご連絡ください。

屋根工事・瓦工事工事の流れ
  • 工期:張替え面積や、荷物の有無、居住しているかどうかによって異なるためお問い合わせください。
  • STEP1
    現場調査

    ご自宅にお伺いし、採寸を行います。また、カタログなどお持ちしますのでお話しながらどのような床・壁がお客様にあっているのかお話します。

  • STEP2
    ご提案

    お見積や設置後のイメージパースなどご提案をお持ちします。 実際に設置した場合のイメージをご確認いただきながら、細かい仕様を詰めていきます。

  • STEP3
    ご契約

    最終的なお見積をご提出します。ご納得いただけましたら契約となります。(ご契約いただいた金額によっては一部着手金が必要となる場合がございます)

  • STEP4
    近隣へのご挨拶・足場工事

    施工前に家具や荷物などお片付けをお願いします。重い家具の移動などご不安な方はお気軽にご相談ください。

  • STEP5
    地造作・ルーフィング(防水シート)

    既存の床材・壁紙をはがします。床は上張りの場合、既存の床を残したままの工事となります。工事の際はご自宅を傷つけたり、お部屋が汚れてしまわないよう、養生など細心の注意を払って行わせていただきます。

  • STEP6
    新しい屋根の設置

    新しい壁紙・床材の張替えを行います。完成しましたらお客様にご確認いただきお引き渡しとなります。お引き渡しの際は、弊社の工事保証書をお渡ししますので、大切に保管してください。費用のお支払はお引き渡しから4日以内にお願いいたします。

屋根張替・瓦葺替工事のよくある質問
  • Q.金属屋根は本当に塗替がいらないのですか?

    はい。金属屋根は鉄ではなく亜鉛合金でつくられていますので、滅多なことでは腐食や極端な色あせは発生しませんので塗替も必要ありません。

  • Q.金属屋根にすると雨音などひびきませんか?

    基本的に金属製の屋根はパネルの裏側に遮音材が貼られているなど、防音対策がしっかりと取られています。また、屋根と下地の間に挟むルーフィング(防水シート)にも遮音効果がありますので、気になることはまずないかと思います。

  • Q.セメント瓦ですが塗替と葺替はどちらがおすすめですか?

    定期的なメンテナンスを行っているセメント瓦であれば、引き続き塗替えでの使用をおすすめします。ただし、瓦自体がメンテナンス不足により痩せている場合など、塗装が定着しないため葺替工事をおすすめします。

  • Q.傷んだ部分のみの補修もお願いできますか?

    はい。もちろん全面張替・葺替だけでなく、部分的な補修や瓦の漆喰工事も承ります。

屋根張替・瓦葺替工事のワンポイントアドバイス
屋根のトラブルは必ず専門家に相談してください。

屋根のトラブルはDIYや便利屋さんなどによる中途半端なコーキングなどの補修で余計に症状が悪化してしまいます。私たちもご相談をいただいて現場調査を行う際に、間違った補修によりひどい状態になった屋根を多く見かけます。リフォっちゃでは屋根の専門家が在籍し、和洋問わず屋根のトラブルや工事に対応します。雨漏など問題が発生したら早めに専門業者にご相談ください。